Quick Book

オスロへようこそ

美しい自然とエキサイティングなアトラクション​

オスロは急速に文化と現代建築の中心となってきました。世界屈指の建築家が手がけたモダンなランドマークが新しい摩天楼を作り出しています。しかしオスロには、現代建築以外のものたくさんもあります。

オスロの人口密度はとても高く、郊外の大部分は森に覆われており、ハイキングコースやクロスカントリー・スキーのコースが縦横に走っています。そこではヘラジカや狼が見られることもあります。ハイキング、カヤック、スキーなどを事実上町から離れることなく楽しみたい人にとっては、オスロはヨーロッパで最高の都市です。

現代スカンジナビア建築のシンボル的存在であるオペラハウスは、世界クラスの文化都市としてのオスロのキャンペーンの旗印でもあります。

また、世界レベルのレストラン、博物館、アートギャラリーが点在します。スカンジナビア随一のバイキング船、道具類、工芸品のコレクションを見学できます。

オスロの見所についてのもっと詳しい情報は以下からご覧ください。

オスロ・オペラハウス

オスロ・オペラハウスは現代スカンジナビア建築のシンボルです。オスロ・オペラハウスは町の中心部、オスロフィヨルドに面したDFDSターミナルの隣に位置します。 

建物の角ばった外観は、イタリア産の大理石と白い御影石に優雅に覆われていて、建物が海面からそそり立つような印象を与えます。

オスロ・オペラハウスの総面積は3万8千5百㎡で、1100室の部屋が設けられています。メインホールの座席数は1364席、そのほかにも2つのパフォーマンス・スペースがあり、こちらは200席、400席となっています。メインステージは幅16m、奥行き40mです。近現代のノルウェーで建造された最大の文化関係建築物です。

ヴィーゲラン公園

ヴィーゲラン公園は、オスロで最もよく訪問されるアトラクションで、年間100万人以上の人々がここを訪れています。
とてもユニークなこの彫刻公園では200以上のブロンズ、御影石、鋳造鉄などを用いた彫刻作品が一般公開されています。 
「怒った少年」(Sinnataggen)というタイトルのブロンズ像は、「モノリッッテン」(Monolitten)、「生命の環」(Livshjulet)と並び、最も有名な彫刻作品です。この公園は年間を通して開園しており、憩いの場としても人気です。

mathallen_oslo.jpg

オスロのフードコート

色々なスカンジナビア料理を試すことができる場所を探しているのなら、やはりここ。オスロの中心部にあるマートハーレン(フードコート)では、食品店、レストラン、カフェなどがあり、オスロでも指折りの食を楽しめます。マートハーレンでは鮮魚からノルウェーの特産品、オーガニック・コーヒーまで、何でも手に入ります。フードコートの雰囲気は、高品質の食品や飲み物へのノルウェー人のこだわりを反映しています。​

tusenfryd-oslo.jpg

テューセンフリード・アミューズメント・パーク

テューセンフリードはノルウェー最大のアミューズメント・パークで、30台以上の美しい乗り物があります。またゲーム、ショップ、お食事処の数々も楽しめます。テューセンフリード・アミューズメント・パークは、大小のジェットコースター、回転木馬、ウォータースライダー、5Dのお化け屋敷など、全ての年齢層の人々が楽しめるアトラクションを提供しています。
バルナス・フリードとフリーズコーゲンの両エリアでは、小さな子供のための乗り物とアクティビティーが用意されています。夏季は、プール、スイミングリバー、大きな滑り台、ビーチバレーボール・コートのあるバーデ・フリードで楽しむこともできます。

​ノーベル平和センター

ノーベル平和センターは、戦争と平和、紛争の解決に関する公共の関心を促す常設展と特別展の組み合わせから構成されています。1000本の光ファイバー照明の庭、ノーベル・フィールドに設置されているデジタルスクリーンでは、歴代の平和賞受賞者が紹介されています。子供向けのアクティビティー「フレッドとトカ・ロカ」は、大人同伴の子供を対象としており、所要時間は約30分です。


museum-oslo.jpg

ファーンリ現代美術館

アストルップ・ファーンリの近現代美術のコレクションは、北欧のものとしては最も重要なものの一つに数えられていました

この美術館では、常設展示の作品が、国際的に著名な芸術家の作品を展示する特別展と組み合わされています。​

国立美術館

国立美術館は、公共のものとしてはノルウェーで最大の絵画・彫刻コレクションを擁しています。美術館のメインアトラクションにはエドヴァルド・ムンクの「叫び」、「マドンナ」、またはセザンヌとマネの絵画が挙げられます。ノルウェー芸術を主として、年代が遡る作品も展示されています。常設展では、コレクションのハイライトや、ロマン派時代から20世紀半ばまでの国を代表する作品が紹介されています。また、フランスの印象派画家など、世界各国の画家、彫刻家の作品も展示しています。

日曜日は入館無料です。

国立美術館は、国立美術・建築・デザイン博物館の一部です。​

ムンク美術館

ムンク美術館は一人の芸術家に特化した美術館で、ノルウェーの芸術家であるエドヴァルド・ムンクの生涯と作品に捧げられています。トイエン地区にあるこの美術館には、世界最大のムンク作品のコレクションがあり、その数はほぼ2万8千点です。​

ノルウェー民俗博物館

ノルウェーで最大の文化史博物館。世界最古の野外博物館と大きな屋内コレクションが目玉です。 ​​

ノルウェーについてもっと知りたい場合はこちら​